Webデザイナーの営業効率を最大化する方法【結論:競合調査が大事】

Webデザイナーの提案や営業方法をよくするために競合調査をしよう ロードマップ

「Webデザインの営業で、もっと良い提案ができるようになりたい。」
「自分の提案では、営業結果が出ない。どうしたらいいんだろう。」
「どんな風に営業したら、お客さんに興味をもってもらえるのかな。」
こんな風に思っている方はいらっしゃいませんか?

Webデザイナーが、よりよい提案をして、効率よく営業結果を出すためにはどうしたらいいでしょうか。

この記事では「競合調査をする」ことによって提案内容や営業方法を高める方法を記載しました。

次のような内容を解説していきます。

  • 提案の内容や営業方法について、競合相手のやり方を分析しよう
  • 競合調査の方法例について紹介
  • 競合相手のいいところを自分の提案に取り入れて、営業効率を最大化しよう

ぜひ最後までお読みください。

競合調査をしよう|Webデザイナーの提案内容や営業方法をよくするため

Webデザイナーの提案や営業方法をよくするために競合調査をしよう

Designed by Creativeart / Freepik

WebデザインやWeb制作ができる人は世の中にはたくさんいます。

その中で、選ばれるWebデザイナーになるためには、よりよい提案をして光るものを見せていかなくてはいけません。

また、この人に頼みたいな、と思われるような営業の方法も必要になります。

他のライバルに埋もれてしまわないためにも、競合調査は必ずしていきましょう。

Webデザイナーの競合調査とはどんなもの?

「競合調査」とはどんなものでしょうか。

なにか難しそうに聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。

同じWebデザイナーやWeb制作者の提案内容や営業方法を見て分析していくのです。

「どんなものを制作しているのか」

「どんな風に営業をしているのか」

こういう点について注目して分析していきましょう。

提案内容をよりよく|競合相手のWebデザインやWebサイトを分析

提案の内容を良くするためには、競合相手の制作したWebデザインやWebサイトを分析することが大事です。

たくさんの制作事例を見ると、

「今どんなサービスがよく使われているのか」

「どんなデザインを取り入れることがトレンドなのか」

などが分かってきます。

自分の提案には、ぜひそれを取り入れましょう。

もしも、他のWebデザイナーが提案で必ず入れている要素が、自分の提案に入っていないと、お客さんからは最新の情報を知らない人だと思われてしまうかもしれません。

営業方法をよりよく|Webデザインやサイト制作の営業方法を分析

営業方法については、Webデザインやサイト制作で、案件をたくさん受けている制作会社の営業方法を分析してみましょう。

「どんな提案方法が受け入れられているのか」

「どんなキャッチコピーだとお客さんにささるのか」

など徹底的に調べます。

他の提案の良いところや、自分でも使えるな、と思うところはどんどん取り入れる気持ちが大切です。

自己流もいいけど、ライバルの良い部分は真似ること

もちろん全部を真似する、というのはよくありません。

自分ならではのPRポイントがあれば、アピールしていくのはいいことです。

でも全てが自己流で、自分なりの考えだけをもとに突っ走ってしまうと、大体は失敗することに。

競合相手(=他のWebデザイナーやWeb制作者たち)のやり方をたくさん見ることが大事です。

そして、良いところを見つけたら、どんどん真似しましょう。

ビジネスは情報戦|これはWebデザイナーにも言える!

「ビジネスは情報戦」とよく言いますが、Webデザイナーにとっても同じことが言えます。

もちろん技術力も大切ですが、情報をたくさん集めて分析する力が本当に大切です。

自分なりの考えだけに固執していてはいけません。

うまくいっているWebデザイナーや制作会社など、上流からたくさん情報を集めることを意識していってくださいね。

Webデザイナーのための競合調査の方法1:Web検索で制作事例を分析

Webデザイナーのための競合調査の方法1

Designed by Creativeart / Freepik

具体的な案件が決まっている場合は、Webで同じような案件の制作事例を検索して、他の人の実績をたくさん見ましょう。

実際の検索方法を説明していきます。

よく似た案件の制作事例をWeb検索して分析

例えば、女性向け化粧水のランディングページの案件であれば、次のようなキーワードで検索します。

  • LP 化粧水 女性
  • LP 化粧水
  • LP スキンケア
  • LP 美容
  • LP 女性

このように、案件とズバリと同じようなキーワードの他に、少し視点を広げたキーワードも使用するといいでしょう。

キーワードによっては、たくさんの検索結果が出てきて、見るだけでも大変かもしれません。

とにかく多く他の事例を見ることによって、色使いやデザインの雰囲気、ページの構成、訴求ポイント、キャッチコピーなどの傾向が見えてきます。

Web制作事例を集めたサイトのご紹介

ランディングページやWebサイトの制作事例を集めた参考例サイトでは、多くの事例が集まっているので、一気に調査するにはとても便利です。

代表的なサイトを3つご紹介します。

  • Web Design Clip
  • SANKOU!
  • LPアーカイブ

Web Design Clip

Web Design Clip
Web Design Clipでは、日本だけでなく海外のWebサイトの事例も集められています。

ランディングページの制作事例や、スマートフォン用のデザインも検索できるようになっていて、幅広く情報を集めることができます。

SANKOU!

SANKOU!

国内のサイトだけではありますが、たくさんの質のいいサイトの事例を見ることができます。

キーワードや業界別の検索だけでなく、「ナチュラル」「さわやかな配色」「高級感あふれるデザイン」など、感覚的な雰囲気で検索することができ、とても便利です。

LPアーカイブ

LPアーカイブ
とにかくたくさんのランディングページの事例が載っています。
キーワードに加えて、業界や配色でも検索できます。

参考例サイトを使うときの注意点

上記の例以外にも、参考例サイトが多くあり、手軽にたくさんの事例を見れることは便利です。

でも、素人が勉強で作ってみたような、あまり参考にしないほうがいい事例も出てくることも。

この点についてはよく注意して欲しいのです。

はじめは区別がつかないかもしれません。

でも多くの事例を見ていくと、「実際に大企業で使われているような参考にすべき事例」と、「ほぼ素人が作成した参考にすべきでない事例」の区別ができるようになってくるでしょう。

Webデザイナーのための競合調査の方法2:広告調査で営業方法を分析

Webデザイナーのための競合調査の方法2

Designed by Creativeart / Freepik

Google検索した時に出てくる「広告」のサイトを調査して営業方法を分析する方法を説明します。

Google検索で出てくる「広告」を全て調査する

Google検索で出てくる「広告」を全て調査するGoogle検索で、「Webサイト制作」「LP制作」などと検索した時に一番上に「広告」というマークが付いている検索結果が出てきます。

これらのサイトをよく読み込んで、どんな風に売り込みをしているか調査することが、とても参考になります。

「広告」を調査する意味とは?

Googleの検索結果で「広告」マークが付いているサイトを分析する意味はどこにあるのでしょうか。

「広告」というマークが付いているということは、広告費を掛けているということ。

儲かっているという指標になります。

儲かっているということは、お客さんからも支持されている証拠だといえますね。

そういうページには参考になるヒントがたくさんあるはず。

  • 展開されている営業の方法
  • 紹介しているサービスの内容

例えばこういう点を中心に、よく分析してみましょう。

Webデザイナーのための競合調査の方法3:Web制作会社への資料請求で営業方法を分析

Webデザイナーのための競合調査の方法3

Designed by Creativeart / Freepik

次はお客さん目線で資料請求することで、営業方法を分析する方法を説明します。

お客さん目線でみると、いろんな情報が見えてきますよ。

お客さん目線で資料請求

お客さん目線で資料請求してみる
「Webサイト制作や、Webデザインをして欲しいお客さん」の目線になって、Web検索をしてみます。

キーワードは次のような感じです。

  • 「ホームページ 資料請求」
  • 「Webサイト制作 資料請求」
  • 「LP制作 資料請求」

表示されたサイトにアクセスすると、制作会社の資料ダウンロードページが出てくるでしょう。

資料をダウンロードして、読み込んでいきます。

お客さん目線での資料分析を

制作会社の資料をお客さん目線で見てみると、その提案をお客さんが見たときにどう感じるかがわかってきます。

例えば次のような内容です。

  • サイト制作サービスがどういう内容なのか
  • どういう料金体系なのか
  • その提案の仕方だと頼みたいと思えるのか

資料には、ときには公式サイト上には載せていない細かい情報まで載っていることも。

この資料を使えば、より詳細な分析ができます。

資料分析で制作会社への提案も通りやすく!

Web制作会社の資料をよく読み込むことで、Web制作への知識が深まります。

制作会社から仕事をもらいたい場合は、特に資料分析をしておくといいでしょう。

制作会社への提案内容をよりクオリティの高いものにすることができ、営業効率がアップすることでしょう。

まとめ|競合調査をして、よりよい提案内容・営業方法を見つけることが大事

まとめ|競合の調査を十分にして、よりよい提案内容、営業方法を見つけよう

Designed by Creativeart / Freepik

Webデザイナーが提案の内容をより良くしたり、営業の方法をブラッシュアップしたりするためには、競合調査がとても大切だという内容をお伝えしました。

また、具体的にどのように競合調査をしたら良いかについても説明してきました。

おさらいすると、競合の調査の方法は、次のようなものがあります。

  • Webでよく似た案件を検索して、提案内容をよくするための調査をする
  • Google検索での広告サイトを分析し、売れている制作会社の営業方法を分析する
  • お客さん目線で資料請求して、案件をまかせたいと思ってもらえる営業方法を分析する

成功している競合相手を分析することで、自分の提案に足りないものをみつけたり、よりよい営業方法を知ったりすることができます。

自分の提案にどんどん取り入れていけば、もっと良い提案ができるようになって、営業効率がぐんとアップしていきますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました