【初心者必見!】仕事が途切れないWEBデザイナーの3つの法則

仕事

Webデザイン

こんにちは。ななねこです。

 

実は今まで同時に10人以上のフリーランスに仕事を依頼して、回していました。かなり前の話ですが・・・。

その中でこの人は稼げる・稼げないという定義がはっきりと分かってきたので、今回はそのお話をしていこうと思います。

 

フリーランスのWebデザイナーとして稼げる人の特徴5つ

まずは最初にいくつか特徴を挙げていこうと思います。

100人かそれ以上の方と話してきましたが、まずはこれ。

 

人格とビジネスマナーがしっかりしていている

こんな基本的なこと言いたくないのですが、社会人として一般的なマナー、考えがしっかりしている人であることが大前提です。フリーランスは「信頼」が全てです。

貯めている「信頼」の量が安定した収入に直結するためです。

しかし、残念な事に技術以上に必要であるビジネスマナーができていない人が多いです。

 

・・・ちなみに私は、どのような場合でも

・既読無視した事がある相手

・連絡が取れなくなった相手

一切仕事しないと決めています。

 

そういった事があった場合、今後完全に関わらないようにしています。

大事な仕事を任せているのに相手と連絡が取れなくならないか?大事な機密情報を漏らさないか?

など今後起こり得るであろう問題を考えて無駄に疑ってしまうので最初から距離を置くようにしています。

 

なぜなら、私は仕事を任せていた人に売り上げを持ち逃げされ裏切られた事があるため、誠実で信用があって信頼関係がある相手以外とは仕事をしないようにしているのです。これは法人相手でも同じ事です。

 

しかし、逆に

・毎回24時間以内に丁寧な返信ができる

・信用がある

・堅苦しくなく話しやすい

という方には仕事をたくさん依頼しています。

なので、私の周りのそういった方はどんどん稼いでいってる状態になっていってます。

Webデザイン

レスが早くて、話しやすくて、絶対に返信してくれる人なら安心して仕事を任せられるね!

 

コミュニケーションが取りやすい

Webデザイン

これも基本的なところではありますが、できていない人が多いです。

いつも感情がないような無味乾燥な文を返してくる人と、

軽く雑談もしながら話を進めていける人

どちらと仕事がしたいですか?

 

という話です。

 

一緒に仕事をする時は、普段相手がどのような事を考えていて何を考えて仕事をしているのかという事も分かった方が結果的にうまくいきます。

結果だけではなく、「コミュニケーションが取りやすい人」というのはリピーターもつきやすくなります。

「話しやすくて信頼できるパートナー」を目指すようにしましょう!

 

専門スキル or 付加価値のあるスキル

専門的で高度なスキルがあるか、付加価値のあるスキルがあるかのどちらかあるだけでも普通のデザイナーとは稼げる額が違ってきます。

専門的なスキルであれば、クオリティの高いデザインを毎回安定して納品する事ができる

付加価値のあるスキルであれば、サイトを作るのと同時にSEOや広告の設定ができる

・・・など。

 

専門的なスキルをつけるには経験値がかなりの勉強が必要ですが、

サイト制作に付加価値をつける事はそこまで難しくはありません。

(ここをリサーチしてみる場合は試しにココナラのサービス詳細を色々と探ってみましょう)

勉強して、SEOやマーケティングの設定をしてあげるだけで喜ばれることも多いです。

付加価値をつけることで他のデザイナーと差別化していきましょう。

 

企業案件を受けている

なんだかんだいって、一番はこれです。

制作会社から仕事がもらえるようになると一番安定した収入になります。

そして、3社くらいと契約できると更に大きな収入になります。

 

サイト制作1件○◯万円

時間に対する報酬ではなく、サイトに対して何万円か支払っていただく方法だとかなり単価が高くなります。
企業から30〜100万くらいをもらうイメージです。

これで安定しますね。

 

どの制作会社と契約するかということもかなり大事になっていますが、

・自分の得意な部分を活かしてくれる

・コミュニケーションが細かく取りやすい

という会社を頑張ってみつけるようにしましょう!

 

 

制作会社への営業方法もコンサル内で資料を共有しながら教えています。

是非、今回の内容を試してみて下さい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました