【厳選12個】いますぐ「参考にしたいWebサイト」がみつかるギャラリーサイトのまとめ

Webデザイン

「Webサイトを作りたいけど、なにを参考にすればいいんだろう」

「Webデザインの参考にできるは何を見ればいいの?」

と思うことはありませんか?

プロのデザインを参考にしたいけど、自分がみたいサイトをどうやって探せばいいか迷いますよね。

では、Webデザインの参考になるギャラリーサイトはどんなものがあるのでしょうか。

そこで今回は、

  • サイト制作の参考にしたいおすすめのギャラリーサイト
  • 画像のトレース時に参考にしたいおすすめのサイト
  • ギャラリーサイトを見るべき理由

について詳しく解説します。

この記事を見れば、あなたが作りたいWebサイトの参考になるサイトが見つけられます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

プロも愛用!Webデザインで参考になるギャラリーサイト5選

プロも愛用!Webデザインで参考になるギャラリーサイト5選

Designed by Freepik

Webデザインのギャラリーサイトは、たくさんあってどれを選べばいいかわからなくなりますよね。

そこで今回は、プロも愛用するおすすめのギャラリーサイトを5つに厳選しました。

  1. MUUUUU.ORG
  2. I/O 3000
  3. 81-web.com
  4. Web Design Clip
  5. SANKOU!

いろんなサイトを見るのは楽しいですし勉強にもなります。

しかし、あなたに「Webサイトを作りたい」という目的があるのなら、たくさんのサイトを見ているだけでは時間だけが失われてしまいます。

効率的に勉強するために、あなたの目的にあうギャラリーサイトを選びましょう。

それでは、それぞれの特徴と一緒に紹介していきます。

1. MUUUUU.ORG|良質なWebサイトが沢山見れる

質のいいプロのデザインをたくさん見たいなら「MUUUUU.ORG(ムーオルグ)」がおすすめです。

MUUUUU.ORGはWebデザイナーが実際に参考にしやすく、非常に優れたデザインのWebサイトだけを厳選して掲載しています。

さらに、ユーザーからのクレームやバグ、ほしいカテゴリーなどの要望にも答えてくれるサイトです。

利用する人を第一に考えたギャラリーサイトなので、多くのユーザーに利用されています。

2. I/O 3000|掲載数が多いし検索機能が充実している

「I/O 3000」は更新頻度の高さが特徴で、掲載されているWebサイトの数は5,000件を超えています。

検索機能が優れていて、色検索や年代検索でトレンドを追うこともできます。

また、テキスト検索ができるのもこのサイトのおすすめのポイントです。

目的があってデザインを探したい場合は「I/O 3000」を利用しましょう。

3. 81-web.com|国内のサイトに特化

国内のデザインを探したいなら「81-web.com」を参考にしましょう。

デザイン性に優れた国内サイトが5,000件以上掲載されているため、お気に入りのものが見つかるはずです。

良いサイトが見つかれば、右下の「+」でお気に入り登録ができます。

また、左下の「PCマーク」を押せばプレビューが表示されるため、流し見したいときにも便利です。

国内のサイトを大量に見たいなら「81-web.com」を利用しましょう。

4. Web Design Clip|レイアウトから探したい人におすすめ

「Web Design Clip」独創性の高いサイトが多く掲載されたギャラリーサイトです。

PCだけでなくレスポンシブデザインに対応したサイトも多数掲載されています。

レイアウトから検索もできるので、形から決めたい人にもおすすめです。

独特なデザインをみて感性を磨きたい方は「Web Design Clip」を見ましょう。

5. SANKOU!|更新頻度が高く、流行がわかる

「SANKOU!」は高品質なWebサイト頻繁に更新されるため、流行を追うのにも優れています。

ECサイトやランディングページ、コンテンツページというカテゴリー分けもされています。

また、以下のようなユニークなカテゴリーもあります。

  • 素敵な下層ページあり
  • 訴求感がある写真
  • 組み合わせが効いている配色

作りたいサイトのイメージがある人は「SANKOU!」のカテゴリーからお気に入りのWebサイトを探しましょう。

スマートフォンに対応したギャラリーサイト2選

スマートフォンに対応したギャラリーサイト2選

Designed by Freepik

スマートフォンに対応したレスポンシブサイトを参考にしたい場合は、以下のギャラリーサイトがおすすめです。

  1. sps collection
  2. iPhoneデザインボックス

スマートフォンに対応したデザインを作れることは、Webデザイナーとして単価を上げるために必須の技術です。

Webデザイナーとしてステップアップした方は学び始めましょう。

それでは紹介していきます。

1. sps collection|スマートフォンに特化したサイト

「sps collection」はデザイン性に優れたスマートフォンサイトを集めたギャラリーサイトです。

カテゴリー、カラー、キーワード検索ができて、見たい系統のサイトを簡単に探せます。

また、sps collectionの特徴として以下の機能があります。

  • ブックマーク機能で気に入ったアイデアを溜めれる
  • 普段見るデザインからおすすめが出てくるので

上記の機能があるため、使い出すと手放せない存在になるはずです。

スマートフォン対応のサイトを大量に見たいなら「sps collection」を見てみましょう。

2. iPhoneデザインボックス|iPhoneに特化したデザインのサイト

「iPhoneデザインボックス」は、iPhoneで表示される際のデザインを集めたギャラリーサイトです。

閲覧ページでデザイン全体が表示されるため、ページ遷移する手間がなく多くのサイトを確認できます。

ページに飛べばスマートフォン表示とPC表示を見比べられる機能も便利です。

iPhoneは普及率が高いため、iPhoneに特化したデザイン制作は需要が上がっているといえます。

LP制作がしたい人が見るべきサイト2選

LP制作がしたい人が見るべきサイト2選

Designed by Freepik

LP制作の参考にするサイトを見たい場合は、以下のギャラリーサイトがおすすめです。

  1. LPアーカイブ
  2. LP advance

LP制作はたくさんのデザインを見て構成の作り方から勉強しましょう。

それでは紹介していきます。

1. LP ARCHIVE|LPの掲載数がトップクラス

LPのデザインをたくさん見たいなら、掲載数が多い「LP ARCHIVE」を見ましょう。

ほかのユーザーがお気に入りした「ファボ数」も見れるので、どんなLPが人気なのか客観的に判断することも可能です。

また、「LP ARCHIVE」には以下のようなノウハウをまとめた記事もあります。

  • 離脱されないLPの作り方
  • LPをつくる意味と広告の基礎知識

「これからLPを作りたい!」という人にも優しい情報があります。

掲載数が多くLP制作のノウハウ記事がある「LP ARCHIVE」は、初心者から上級者まで利用できるサイトです。

2. LP advance|キャッチコピーから検索可能

「LP advance」はデザイナーだけでなく、コピーライターやプランナーにも向けて作られたギャラリーサイトです。

デザインだけでなくキャッチコピーも参考にできるようにと、「グッとくるキャッチコピー一覧」を見れるのがこのサイトの特徴です。

また、制作者目線で作られたサイトのため、メインビジュアルやエフェクト効果からも検索可能です。

一味違う質のいいLPを作りたい方は「LP advance」で勉強するのがおすすめです。

バナー制作におすすめのサイト2選

バナー制作におすすめのサイト2選

Designed by rawpixel.com / Freepik

Webデザイナーがバナー制作をするときに役に立つおすすめのサイトは、以下の2つです。

  1. Banner Matome
  2. Retorobanner

バナー制作はWebデザイン初心者が始めやすい作業です。

ギャラリーサイトからお気に入りのデザインを探して、トレースしまくって技術を磨きましょう。

それではいきましょう。

1. Banner Matome|バナーのアイディアを見たいならとりあえずここ

「Banner Matome」は、300×250サイズのバナー専門のギャラリーサイトです。

掲載数が多く、バナーをとりあえずたくさん見たいなら「Banner Matome」をみましょう。

決められた小さなスペースに必要な情報を入れ込むのにはプロの技術が必要です。

バナーのトレースをする前に「Banner Matome」で、大量の情報をインプットしましょう。

2. Retorobanner|配色のノウハウが体感的に学べる

「Retorobanner」は色々なサイズのバナーが掲載されているギャラリーサイトです。

このサイトの最大の特徴は、バナーで使用されている配色をすべて確認できることです。

プロが作ったバナーの配色をマネすれば、それだけで整ったように見せることができます。

「Retorobanner」を利用すれば、プロが使う配色のノウハウを体感的に学ぶことができますよ。

新しいアイディアをもらいたいなら「Pinterest」

とにかく自分のアイディアを広げたくて、たくさん画像が見たい方は「Pintarest」を見ましょう。

Pintarestは写真や画像専用のSNSで、面白い写真や奇抜なアイデアの画像がたくさんあります。

実際にそのまま使えるデザインというよりは、新しい発想を見つけるのを目的に見るのがいいでしょう。

また自分がみた画像からそれに似た画像が紹介されて、無限に見れるのは怖いところです。

デザインのアイデアに行き詰まって新しい発想を参考にしたいなら、息抜きがてら「Pinterest」を眺めるのもおすすめです。

ギャラリーサイトを見る理由|Webデザインはパクるのが基本

ギャラリーサイトを見る理由|Webデザインはパクるのが基本

Designed by Freepik

ここまでいろんなギャラリーサイトを紹介しましたが、そもそもデザインをつくるときに以下の悩みを持ったことはありませんか。

  • 本当にマネしていいのかな?
  • 参考にするってどの程度までならいいの?

著作権が気になって、すべてオリジナルのデザインを考えようとして挫折する人はたくさんいます。

しかし、デザインを作る99.9%の人は、どこかのデザインからインスピレーションを受けて参考にしています。

では、なぜ人のデザインの参考にしていいのかを、以下の流れで解説していきます。

  • 人のデザインを見ることは勉強
  • マネ×マネ=オリジナル
  • プロも人のデザインをマネしている

それではいきましょう。

Webデザインの勉強としてプロのサイトを見るのは重要

そもそもWebデザインの勉強方法として、プロの制作物を見ることは推奨されています。

現状で、世間からの評判がいいサイトがどんなものかを分析するためです。

「デザインセンスが無いから、周囲から評価されない」という人がいますが、その人はどんなデザインが求められているかをわかっていません。

つまり、「一般的にいいと思われるデザインとはなにか」という知識があれば、センスがあるデザインを作れるのです。

そのためにも、プロのデザインをたくさん見て勉強することが、センスのいいデザインをつくることに繋がるのです。

マネ×マネ=オリジナル|自分で作るときもマネしていいですよ

ギャラリーサイトで見つけたお気に入りのデザインをマネして自分の作品にするのは問題ありません。

複数のサイトからあなたの気に入った部分を組み合わせることで、あなたのオリジナルのサイトになるからです。

以下の例を見て見ましょう。

  • Aのサイトから「配色」をマネる
  • Bのサイトから「配置」をマネる
  • Cのサイトから「項目」をマネる
  • Dのサイトから「フォント」をマネる

上記のようにあなたがいいと思ったポイントごとに参考にしていけば、それはあなたが作り出したオリジナルのデザインになります。

その掛け合わせは多ければ多いほど、あなたの個性がでたオリジナル作品です。

これが真実|プロのデザイナーもみんなパクってる

上記の話からわかるように、実はプロのデザイナーもみんな誰かのデザインをパクって作っています。

まったく一からデザインをつくることは、ほぼ不可能と言っても過言ではありません。

むしろ、最前線で活躍している現役のデザイナーほど、ほかの人が作った良質なデザインをインプットしています。

あなたもギャラリーサイトでたくさんのデザインを見て、参考にしたいポイントの引き出しを増やすことが、Webデザインで仕事を取るための近道になりますよ。

まとめ|いろんなデザインを見ることが仕事の質を上げる

この記事では、Webデザインで参考になるギャラリーサイトを、以下の内容で紹介しました。

  • サイト制作の参考にしたいおすすめのギャラリーサイト
  • 画像のトレース時に参考にしたいおすすめのサイト
  • ギャラリーサイトを見るべき理由

いいデザインをたくさん見ることで、あなた自身のアイデア力やセンスを高める糧となります。

そして自分が気に入ったデザインをどんどんマネして、あなたのオリジナルのデザインを作り上げましょう。

最後に、この記事で紹介した「プロも見ているギャラリーサイト」の一覧を以下に示します。

  1. MUUUUU.ORG      |良質なWebサイトが多い
  2. I/O 3000         |掲載数が多く、検索機能が充実
  3. 81-web.com        |国内のサイトに特化
  4. Web Design Clip     |レイアウトから探したい人におすすめ
  5. SANKOU!        |更新頻度が高く、流行がわかる
  6. AGT             |スマートフォンに特化
  7. iPhoneデザインボックス   |iPhone特化したサイト
  8. LPアーカイブ       |LPの掲載数がトップクラス
  9. LPadvance        |キャッチコピーから検索可能
  10. Banner Matome      |バナーのアイデアを見たいならココ
  11. Retorobanner       |配色のノウハウが体感的に学べる
  12. Pinterest         |新しいアイデアをもらうのに最適

コメント

タイトルとURLをコピーしました