これだけは知っておきたい!Webデザインとは【わかりやすく解説】

Webデザイン

「Webデザインってどんな仕事?儲かるの?」

「Webデザイナーって専門的なスキルとか必要なの?」

Webデザインという名前は聞いたことあるけど、実際何をしているかわからないという人は多いですよね。

そこで本記事では、以下の内容についてまとめました。

  • Webデザインとは
  • Webデザイナーの仕事内容
  • Webデザイナーになるための勉強法

副業としてWebデザイナーに興味がある、という方はぜひ最後まで読んで見てください。

「Webデザイナーについて、ある程度知っておきたい」という方にも、役に立つ記事になっています。

ぜひ最後まで読んでみてください。

それではいきましょう。

動画解説も用意しました!

Webデザインについて最低限知っておいたほうがいいこと3つについて

 

Webデザインとは|ネット上に表示されるページをつくること

Designed by Creativeart / Freepik

Webデザインとは「Web上に表示されているページをつくること」を指します。

ここでいう「ページをつくる」とは、画像や文字の配置(レイアウト)などをデザインするということです。

具体的には、以下もWebデザイナーが作っています。

  • 企業のサイト
  • ホームページ
  • ネット通販サイト
  • 企業の広告用LP(ランディングページ)

つまりWebデザインとは、企業などサイトを作る側の希望を取り入れつつ、ユーザーが使いやすいサイトをつくることだと言えます。

Webデザイナーの仕事内容|「デザイン」と「コーディング」


Designed by customscene / Freepik

Webデザイナーがサイトをつくる際、以下の2つの作業を行います。

  1. Webサイトのデザイン
  2. Webサイトのコーディング

クライアントと打ち合わせしてサイトの「デザイン」を決め、それを「コーディング」しWebサイト上に表示されるようにします。

それでは以下で詳しく見ていきましょう。

1.Webサイトのデザイン

クライアントと打ち合わせをして、サイトのイメージを決める作業です。

クライアントと以下の情報を共有します。

  • コンセプト
  • サイトの目的
  • 制作期間と費用
  • ターゲットとなるユーザー層

Webデザイナーの仕事は、クライアントの要求を満たし、ユーザーが目的のものを探しやすいサイトを設計することです。

Webデザイナーのデザインセンスが評価されると、仕事の単価が上がることもあります。

2.Webサイトのコーディング

デザインが決まったサイトのイメージを、そのとおりにWebサイト上に表示させる作業です。

Web上には直接絵を書いたり文字を書くことができないため、コードを打ち込む必要があります。

デザインか決まればクライアントとのやり取りがなくなるので、ひたすらHTMLやCSSでコーディングをすることになります。

コーディングが終わればサイトがWebサイトに表示され、一連の作業が終了です。

※コーディングはWebデザイナーはやらずに外注する場合もあります。

コーディングが苦手な人は「ノーコード」を使おう!

HTML/CSSがどうしても苦手な方は「ノーコード」を使ってサイト制作ができます。

ノーコードとは、プログラミング言語を使わず感覚的にサイトを作れるサービスのことです。

Webデザイナーに求められている、もっとも重要なスキルは「デザイン」です。

無理してコーディングを覚えずに、ノーコードを活用してデザインスキルを磨きましょう。

Webデザインに必要な3つの基礎知識

Designed by rawpixel.com / Freepik

初心者がWebデザイナーになるために絶対に身につけておきたい知識は、以下の3つです。

  1. Illustrator & Photoshop
  2. HTML & CSS
  3. WordPress

Webデザイナーは働き方によって磨くべきスキルは変わります。

しかし上記はWebデザイナーとして仕事をする上で最低限必要な基礎知識です。

初めからすべてを理解する必要はありませんが「どんなものか」くらは把握しておきましょう。

それでは詳しく説明します。

1.デザイン|Illustrator & Photoshop

「Illustrator」と「Photoshop」は、Webデザインにおいてもっとも重要なツールです。

いずれも、Webサイトの完成図イメージをクライアントに共有するために使用します。

Webデザイン業界ではイメージ図を「デザインカンプ」といいますが、「ラフ画のようなもの」といえばわかりやすいかもしれません。

クライアントとの完成イメージがずれるとやり直しが増えてしまうので、最低限は使えるようになりましょう。

※ほかにもデザインツールはありますが、機能が豊富で使いやすいPhotoshopでOKです。

2.コーディング|HTML & CSS

インターネット上にページを表示するためにHTMLやCSSを打ち込むことを「コーディング」といいます。

紙に書くのと違って、インターネット上にページをつくるためには「コーディング」の工程が必要です。

HTML/CSSの「コーディング」では、以下のことができます。

  • 画像の大きさを変える
  • タイトルのフォントや色を変える
  • 記事を表示する場所を右にずらす

HTMLは文章や画像の表示、CSSは配置やフォント、文字サイズ、色などの変更が行なえます。

「この画像もうちょっと左に動かしたい!」などは、コードを変えることで変更可能です。

※Webデザイナーはコーディングスキルは必須ではありませんが、教養として基礎知識を知っておきましょう。

3.サイト制作|WordPress

Webデザイナーを目指している人は、WordPressの知識を身につけましょう。

なぜなら、WordPressはサイトの作成や管理が簡単なため、多くのクライアント使用しているからです。

インターネット上のすべてのサイトのうち、約36%がWordPressでできていると言われています。

Webデザインを学ぶなら、使用頻度の高いWordPressの基礎知識は身につけるようにしましょう。

Webデザインの勉強方法3選

Designed by Freepik / Freepik

Webデザインの勉強はオンラインでできるものも多いです。

具体的には以下の勉強法があります。

  1. 独学で学ぶ
  2. スクールに通う
  3. 現役のWebデザイナーから教わる

勉強方法に正解はないので、自分にあったものを選びましょう。

それでは詳しく解説していきます。

1.独学で学ぶ|本やネットで調べる

独学で学ぶなら、Webデザイン関連の本やネットで情報収集しましょう。

独学メリットは以下のとおりです。

  • 自由に勉強できる
  • スキマ時間に勉強できる
  • お金を書けずに勉強できる

書籍代で数千円かかりますが、基本的には無料で勉強できます。

逆にデメリットは以下のとおりです。

  • 稼げるまでに時間がかかる
  • 何を勉強していいかわからなくなる

ひとりで勉強していると「これは知っておいた方がいいのかな」と、余計な情報までインプットしがちです。

またわからない問題が解決できずに、ずっと悩んでしまうこともあります。

独学は稼ぐまでの最短距離を通れない分時間がかかるため、すぐに稼ぎたい人には向かないです。

2.スクールに通う|人から教わる、仲間をみつける

スクールに通えばカリキュラムに沿って学ぶことができるため「次何勉強したらいいか」悩まなくてよくなります。

また、客観的な評価やアドバイスを受けらたり、同じスクールに通う仲間ができるのもメリットです。

しかしデメリットとして「当たり外れが多い」という点があります。

  • 安いとサポートがしっかりしていない
  • カリキュラムが古く、覚えた知識が現場で使えない
  • スクールに入ったが、高い教材を買わないといけない

100万円超えのスクールに通ったのに「結局よくわからない」という話もあります。

スクールに通う場合はレビューをみるか実際に通ったことのある人に話を聞き、慎重に選びましょう。

3.現役のWebデザイナーから教わる|実際に現場で使う知識を教わる

「いま」稼いでいるWebデザイナーから話を聞くと、仕事に関する鮮度の高い知識得ることができます。

  • どうやって仕事をとるか
  • どんな流れで作業しているか
  • 単価を上げるにはどうしたらいいか

生の声を聞けるので、自分の将来を想像しやすいのがメリットです。

また、「営業が苦手..」という方も、コネでお仕事がもらえることもあるかもしれません。

「いますぐ稼ぎたい」という方は、現役のWebデザイナーから仕事で使える知識を教わるのがおすすめです。

Webデザイナーの将来性|初心者がWebデザインは辞めたほうがいい?

Designed by Creativeart / Freepik

「初心者からWebデザイナーを目指すのはやめとけ」

そんな記事を見たことがある方も多いと思います。

結論から言うと、初心者からWebデザインを勉強しても稼ぐのは可能です。

以下でその理由を詳しく説明していきます。

結論|Webデザイナーは需要が高まります

Webデザイナーはまだまだ需要が高まるため、初心者の方も始める価値があります。

インターネットサービスの向上とともにWebコンテンツが増加しているため、その分Webデザイナーが必要になるからです。

2016年から2017年の一年間で、サイトの数は7億も増えています。

興味を持った方はすぐに勉強を始めれば、新しくWebデザインを始めるライバルたちと差をつけられるかもしれません。

平均年収|Webデザイナーのスキルと収入事情

以下では、Webデザイナーの平均年収を紹介します。

  • 一般の会社員:年収300万円〜400万円
  • デザインスキルがある会社員:年収400万円〜500万円
  • フリーランス:0円〜

会社員だとスキルがあっても人並みほどの収入であることがわかります。

しかしフリーランスは、個人のスキル次第では底なしに稼げます。

Webデザイナーとして稼ぐ方法として「会社員で基礎知識をつけて独立する」という働き方をする方もいるようです。

副業でもあり|スキル次第では高収入を目指せる

Webデザイナーは副業としても人気があります。

人気の理由は以下のとおりです。

  • 案件が多い
  • 未経験からでも稼ぎやすい
  • リモートワーク可能で働きやすい

しかし、副業なら稼ぐまでに時間をかけずに勉強しましょう。

なぜなら副業で稼ぐまでに時間をかけすぎて成果が出ないと、モチベーションが下がるからです。

効率よく勉強して副業で稼ぐなら、現役のWebデザイナーから教わるのがおすすめです。

まとめ|Webデザイナーに興味があれば、いますぐ学んでみよう!人から教われば即戦力

本記事ではWebデザインについて、以下の内容をご紹介しました。

  • Webデザインとは
  • Webデザイナーの仕事内容
  • Webデザイナーになるための勉強法

Webデザイナーは需要が高まっており、未経験からでも稼ぎやすい職業です。

IT業界やデザインに興味のある方は、一度勉強してみるといいかもしれません。

またWebデザインは副業でもおすすめです。

時間をかけずに勉強したい方は、わたくし「ななねこ」が「30万円稼げるフリーランスになる方法」を伝授します!

興味のある方はライン@で無料相談してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました