WebデザイナーにWordPressの知識は必要?【結論:必要】

ロードマップ

「WordPressってWebデザイナーになるのに必要な知識なの?」

「Webデザイナーの仕事の単価ってどうやったら上がるの?」

Webデザイナーの仕事をはじめてから日々案件をこなしていたりすると、Wordpressの知識まで勉強する余裕が無かったりしますよね…

でも、結論:WordPressの知識は必要です!、単価が上がるので将来的に自分を助けます。

この記事を読む事で以下の知識が身につきます。

  • WordPressとは何か?を1から身に着ける事が出来る
  • WebデザイナーにこそWordpressが必要な理由が分かる
  • 単価を上げる方法が分かる

この記事を読んで、WordPressを理解しWebデザイナーとしての単価を上げて自由な時間を増やしていきましょう!

WebデザイナーにWordPressの知識は必要?

Designed by Creativeart / o-dan

結論から言うと、WebデザイナーにWordPressの知識は必要です!

今ではWordPressはWeb業界でなくても、いろいろな人が知っています。

「WordPressで作って欲しい」と言われて作成することも増えてきました。

では、Webデザイナーにとって、なぜ必要な知識なのか詳しく説明していきます。

WebデザイナーにWordPressが必要な理由

  • WordPressを使えると、ホームページ制作の仕事が取りやすくなる
  • 制作会社などWeb関連の会社では、WordPressのスキルを求められる
  • WordPressを使えると、webデザイナーとしての単価が上がる
  • テンプレートやプラグインを使用する事で制作の時間を短くできる

WordPressを使用してWebサイトを制作すると、デザインを見ながら感覚的に作成できたり、作成後の管理やメンテナンスがしやすくなります。

作成・管理の時短にもなるので、Webデザイナーにとっては良いことばかりなのでおすすめです。

WordPressとは?

WebデザイナーにWordPressの知識が必要だとわかったけれど、まずWordPressってなに?となっていると思いますので、簡単に説明します。

WordPressとは、サイトを簡単に作成できるシステム、CMS(コンテンツ管理システム)のこと!です。

WordPressはWeb構築の知識がなくても、サイト制作やブログ作成ができるソフトウェアです。

私の経営している【cyberbase】のホームページもWordPressで作成しています。

WordPressはもともと、ブログ構築用のソフトウェアとして生まれたものですが、誰でも品質の高いWebページが作成できるツールとして、今では世界中で広く利用されています。

もちろん、このななねこのwebデザイナー養成所も、WordPressで作成しています。

企業のホームページやブログ、色々なWebページを作成できるのがWordPressです。

WebデザイナーがWordPressを使用する3つのメリット

Designed by Creativeart / o-dan

WebデザイナーがWordPressでホームページ制作をするメリットは以下のとおりです。

  1. HTML.CSSの理解に不安があってもサイト構築ができる。
  2. デザインのテンプレートが豊富
  3. Webデザイナーの仕事の単価が上げられる

Webデザインの勉強をはじめてから、HTML.CSSを苦手かも…と思った方にこそ、WordPressを使用することをおすすめします!

それでは詳しく見ていきましょう。

1.HTML.CSSの理解に不安があってもホームページ構築ができる

WordPressを使用してホームページ作成をすると、HTML.CSSのコードを書いてサーバーにアップするという手間を省いて簡単にホームページの構築ができます。

テキストの色や太さを変更、追加するにもHTML.CSSの知識がなくても簡単にできるので、見ながら感覚的にきれいなホームページが作成できます。

2.ホームページのテンプレートが豊富

WordPressでは下の画像のように、テンプレートが豊富にあります。

デザイン性の高いおしゃれなテンプレートが豊富に用意されているので、デザインの知識がない方にも、Webデザイナーにとっても、テンプレートやプラグインを追加するとデザイン性の高いサイトを簡単に作成することができるのでおすすめです。

3.Webデザイナーの仕事の単価を上げられる

Webデザインの仕事は、主にバナー制作、LP制作、ホームページ制作です。

駆け出しのWebデザイナーがWordPressを使わないで仕事をしていくとなると、バナー制作がメインになってくると思います。

バナー制作の単価はホームページ制作より低いので、WordPressの知識をつけてホームページ制作の仕事をすればWebデザイナーとしての単価をあげられます!

WebデザイナーがWordPressを使用する3つのデメリット

Designed by Creativeart / o-dan

WebデザイナーがWordPressでホームページ制作をするデメリットは以下のとおりです。

  1. HTML.CSSで作成するより表示速度が遅くなる
  2. デザインの細かい変更ができない
  3. WordPressの勉強が必要

デメリットに対しての対策もご紹介しています。

それでは、見ていきましょう!

1.HTML.CSSで作成するより表示速度が遅くなる

WordPressはアクセスのたびにプログラムが動く動的サイトです。

そのためHTML.CSSで作成する静的サイトと比べて表示速度が遅くなるというデメリットがあります。

それでも、問い合わせフォームや色々な機能の拡張を考えて、Webデザイナーが作成するサイト制作にはWordPressは必要です。

解決策|使用する画像の圧縮

  1. サイト内に使用する画像を圧縮する
  2. 不要なプラグインをいれすぎない
  3. 下書きの投稿や固定ページを増やしすぎない

上記3点を対策としてあげましたが、Webデザイナーにとって一番必要な対策はサイト内に使用する画像を圧縮することです。

画像圧縮はプラグインではなく【tinyjpg】などで圧縮するのがおすすめです。

2.デザインの細かい変更ができない

WordPressはテンプレートを使用すれば、HTMI.CSSの知識がなくてもおしゃれなホームページ制作ができるメリットがありますが、テンプレートに好みのデザインがない場合やデザインの細かい変更にはHTML.CSSの知識が必要です。

解決策|HTML.CSSの基礎知識をつける

細かいデザインの変更をする場合にそなえて、WebデザイナーにはHTML.CSSの基礎知識は必要になりますので、Webデザイナーを目指しているのならば基礎知識は勉強しましょう!

好みのデザインがない場合はテーマを作成しなければならないので、プログラミングの勉強が必要になります。

3.WordPressの勉強が必要

WordPressは何もしらない状態で感覚的に触れるほど簡単ではありません。

なので、Webデザイナーとして仕事の単価をあげていきたいのであれば、使い方を一から勉強する必要があります。

解決策|本やブログで勉強する

WordPressは世界でもっとも使用されているCMSということもあり、使い方の説明・解説をしている本やブログがたくさんあります。

自分にあう勉強の仕方を見つけてみましょう!

WebデザイナーがWordPresを使用して作成するホームページ

Designed by Creativeart / Freepik

WebデザイナーがWordPressを使用するメリット・デメリットを理解したうえで実際にどのようなサイト制作にWordPressが使用されているのか知っておくと、WordPressがより身近に感じられると思います!

WordPressで作成されたサイトかを知る方法をご紹介しますので、いつも自分が使用しているサイトを確認してみてください!

WordPressで作成されたサイトの見つけ方

isit wpというサイトに確認したいサイトのURLを入力するだけ!

それだけで、WordPressを使用しているのか、なんのテーマを使用しているかなど、確認できるので気になっているサイトを入れて色々みてみましょう!

実際に株式会社ZOZOを入力してみた画像です。

まとめ | WebデザイナーにWordPressの知識は必要!

本記事では、WebデザイナーにとってWordPressの知識が必要なのかについて、以下の内容をご紹介しました。

  • WebデザイナーにWordPressの知識は必要?
  • WebデザイナーがWordPressを使用するメリット、デメリット
  • WebデザイナーがWordPresを使用して作成するホームページ

いかがでしたでしょうか?

WordPressとWebデザインの関係性がわかると、WebデザイナーにとってのWordPressの必要性が理解できましたよね?

Webデザイナーとしての今後のためにも、WordPressの勉強は必ずしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました